五条の大橋で弁慶と渡り合った牛若丸は、一本歯の下駄を履いている。一見すると歩きにくそうだが、この下駄は本来は山を登る為に発明された物。雑学(°□°)

五条の大橋で弁慶と渡り合った牛若丸は、一本歯の下駄を履いている。一見すると歩きにくそうだが、この下駄は本来は山を登る為に発明された物。雑学(°□°)
タイトルとURLをコピーしました