名鉄の時刻表・路線図・運賃をしらべよう

生活

名鉄の時刻表・路線図・運賃をしらべよう

名古屋近郊に住んだり観光に行ったりした場合、名鉄は電車移動の際になくてはならない存在です。ネット検索で東海地方の移動経路を検索したような場合でも、必ずどこかの区間で「名鉄」の文字を見ることが多いです。JR東海道線の岐阜、名古屋、豊橋までの区間を名鉄はほぼ競合して走っているわけですが、JR線では通らない場所を名鉄がカバーするなど、地元の人にとっては「かゆいところに手が届く」ような存在になっているのがこの名鉄の特徴でもあるのです。また、JR東海が岐阜と豊橋の間では新快速、快速、普通しか運行形態がないのに対し、名鉄は快速特急、特急、快速急行、急行、準急、普通といったバリエーションに富んだ運行形態をとられていて、時間帯によって乗客に利便性の良いダイヤが組まれるなど、地域に根差した経営も行われています。また、中部国際空港行きのミュースカイという列車も運行されていて、豪華な車体は外国人観光客にも評判は上々です。 切符をカードで買うことは出来ませんが、持っていると何かと便利なカードです。 (提供:楽天カード)

名鉄とは

名鉄は名古屋鉄道株式会社の通称で東海地区の私鉄の王様と言える存在です。全国に私鉄会社はたくさんあり、例えば関西では近鉄、南海、阪急、阪神、京阪が5大私鉄と言われて各社がJR線と激しく競い合って経営を行っているのですが、東海地区の場合はJRに対抗する大手私鉄はこの名鉄1社と言っても過言ではないのです。名鉄の特徴として、かなりの路線の多さがあります。名古屋本線をはじめ、いくつか路線名をあげてみても、空港線、犬山線、常滑線、津島線、西尾線、三河線など、その他にも多くの路線があります。当然ながら車種も多いですから、全国の鉄道ファンからも一目置かれる鉄道会社となっています。また、名古屋国際空港までも路線は延びていますし、新幹線の岐阜羽島駅にもこの名鉄が接続しています。新幹線の岐阜羽島駅に関しては完全にJRの片手落ちで、自社の在来線では接続路線がないにもかかわらず、私鉄である名鉄がその役割を果たしている状態になっているのです。名鉄は鉄道の他に、百貨店やバス、タクシーも運営しています。レジャックや、グランドホテル、犬山ホテルなんかも有名ですね。

名鉄の時刻表・路線図・運賃を確認する方法

名鉄の時刻表や路線図、運賃などを調べたい場合は、名鉄のホームページを閲覧することがおすすめです。自社のホームページですから、詳細情報まで非常に詳しく載っています。名鉄と言えば非常に複雑な路線でも有名で、地下駅となっている名古屋駅のホームにいますと、いろんな路線の列車がひっきりなしにやってくる光景を見ることが出来ます。それだけ地元の人にとってはなくてはならない存在になっている鉄道会社だということなのです。JR東海と並行している区間も多く、料金面などでも競争となっています。例えば岐阜と名古屋の区間もほぼ並行して走っているのですが、名鉄はこの区間で料金が550円、JRは470円となっています。ただし、名鉄は指定席のある快速特急を走らせるなど、サービス面でJRより魅力があることをアピールして頑張っています。また、名古屋から豊橋方面にかけてもJR東海道線とほぼ並行に路線があり、この区間でも多くの人が利用しています。

名鉄アプリの使い方

名鉄を利用する場合、公式スマートホンアプリである「名鉄Touch」を使うと大変便利です。アプリですからスマートホンで名鉄のネットサイトに接続して検索するよりは断然便利なのは言うまでもありません。また、アプリから入手できる情報も非常に多いです。時刻表検索は当然出来ますし、名鉄の各駅の詳細情報も確認することが出来ます。各駅の周辺地図もこのアプリから入っていって確認することが可能で、駐車場の情報も調べることが出来ます。従って自宅から車で最寄り駅まで行って車を置いてから名鉄で乗り換えて出かけるような場合でも大変便利です。また、自分がこれから乗車する時刻の検索が出来るとともに、各名鉄の駅の時刻表も簡単に検索することが出来ます。つまり、帰りの時間帯の時刻を事前に頭に入れておきたいような場合でもアプリでは簡単に検索が可能なのです。電車料金もわかります。このアプリですが当然ながら使用料は無料です。従って名鉄を利用する場合は、ダウンロードすることがおすすめです。

名鉄の一日乗車券を使っててみよう

名鉄の魅力は、何と言っても路線が東海地区の広範囲にまで及んでいる点にあります。従って観光で名古屋近郊に訪れたような場合、1日乗車券を使って各地を回ることがおすすめです。このチケットは大人1名3,100円とたいへんお得になっています。例えば名鉄岐阜から豊橋まで乗った場合、通常料金では1,470円かかりますから往復で2,940円になるのですが、この区間の往復でほぼ1日乗車券の料金と一緒になってしまうのです。名鉄岐阜と豊橋の区間は快速特急利用で片道約1時間20分程度のため、途中それ以外の場所で途中下車をするなどしながら散策を楽しめば十分に元が取れます。しかも何と言っても「いつでもどこでも下車できる」という気楽さがこの1日乗車券の魅力です。電車に乗っていて中刷り広告などを見て急に行きたい場所を変更したくなったような場合でも、このチケットさえ持っていれば名鉄の沿線ならばどこにでも行くことが出来るのです。 ⇒管理人が推奨する書評もご確認ください
タイトルとURLをコピーしました