Gmailアカウントの作成方法と、Gメールアドレスの作り方

IT

Gmailアドレスの作成方法と、Googleアカウント

個人でも法人でも使える無料のWebメールサービスであるGmailのアカウントは、他のGoogleのサービスと共通化されており、Googleアカウントを取得すれば、Gmailアドレスを取得する事が出来ます。Googleアカウントの作成ページに移動して、フォームに必要事項を入力していき、「次のステップ」ボタンをクリックします。次に利用規約に関するページに移りますので、その内容を確認した上で同意をします。次のページに移りますと、電話番号を入力して音声通話で確認する方法、ユーザーが所有している携帯電話のメールアドレスを入力してテキストメッセージで確認する方法のいずれかを選択出来ますので、ユーザーの好みの方法を選びます。携帯電話で受け取ったコードを入力して、コードを正しく入力する事が出来れば、Gmailアドレスの作成完了画面に移ります。これで、Gmailを使えるようになりましたので、メールアドレスとパスワードでログインしてGmailに移動します。 gmailと一緒に持っておくと便利なのが楽天カードです。 楽天カードをつかうとポイントもたまるのでお得です。。 (提供:楽天カード) 楽天カードの詳しくはこちら

既にGoogleアカウントを持っている場合の追加方法

かつては、GoogleアカウントとGmailアドレスの取得は別々に行っていましたが、現在では、GoogleアカウントとGmailアドレスが紐付けられていて、ユーザーにとっては利便性が高くなっています。しかし、昔、Googleアカウントを取得して、Gmailアドレスを取得していないユーザーがGmailアドレスを追加したいという場合には、追加する方法が用意されています。その方法は、Googleアカウントとパスワードでログインしますと、Gmailを追加するかどうかを促すメッセージが出てきますので、そのメッセージに従って手続きを進めていく事です。つまり、Googleアカウントを既に持っているのであれば、Gmailアドレスを追加する事は容易であり、新しくGoogleアカウントを取得しなくても、ログインするだけで手続きを行える仕組みになっていますので、ユーザーは迷う事なく、Gmailアドレスを取得する事が可能です。

Gmailのログイン方法

パソコンのブラウザからのGmailへのログイン方法は、Gmailに移動しますと、ログインしていないのであれば、ログインフォームが表示されますので、そこで、取得したGoogleアカウントとパスワードを入力します。正しく入力されていれば、ログインする事ができ、Gmailにアクセスして使えるようになります。 スマートフォン向けのアプリの場合は、アプリストアからGmailアプリをダウンロードし、端末にインストールしたら、アプリを起動させます。左上のメニューアイコンをタップして、アドレスの追加を行います。アドレスの追加が行われたGmailアプリは、次回起動させた時にログインさせる事が出来ます。パソコン版は、ブラウザがあれば、アプリケーションをインストールしなくても使えるのが利点です。アプリ版は、起動させるだけで使え、プッシュ通知にも対応していますので、リアルタイムでメールの確認をしたい時に役立ちます。

Gmailにログインできない場合は

Gmailにログイン出来ないパターンは、いくつかあります。パスワードを忘れた場合は、パスワードの再設定を行います。再設定を行うには、いくつかの質問が行われますので、正しく答えていきます。メッセージが表示されたら、新しいパスワードを考えて入力します。出来るだけ長いものの方がセキュリティを高められて安全に使えます。 アカウントを忘れてしまった場合には、再設定用のメールアドレスや電話番号、氏名といった情報が必要になり、これらを使って該当するアカウントがリストアップされます。メールアドレスや電話番号には、セキュリティコードが送信されますので、そのコードを所定のフォームに入力して本人確認を行います。 ログインが出来ない時には、ヘルプページにアクセスして、どのような状況でログインが出来ないのかを確認していきます。順番に調べていく事で、ユーザーが陥った状況において、ログインが出来る状況に近づけていく事が出来ます。

Gmailのおすすめの使い方とは?

Gmailのおすすめの使い方としては、受信するメール毎にタブに振り分けられますので、プロモーションなどカテゴリー毎にメールを分けて受信が出来るようにしておきますと便利です。受信トレイの背景画像を変更したい時には、設定アイコンからテーマをクリックして設定します。 ラベル機能を活用すれば、メールをラベル毎に整理していく事が出来ます。カテゴリータブと併用すれば、非常に効率的にメールの整理を行っていく事ができ、いつでも確認したいメールを探し出す事が可能です。 メールの送受信をしていますと、スパムメールの受信をする事が多々あります。そのような時には、迷惑メールフィルターを活用するのが有効です。フィルターは、送られてきたメールのアドレスを登録したり、タイトルなどの文言をフィルターに登録したりする事で、自動的に迷惑メールフォルダや削除を行ってくれるようになりますので、ユーザーは必要なメールだけを確認出来る環境を作る事が可能です。 ⇒管理人が推奨する書評もご確認ください
タイトルとURLをコピーしました