グーグルマップの使い方

生活

google mapを活用しよう

インターネットという限度が無い利強みを最大限に活かしている ウェブサービスが大手検索エンジンを手掛けているグーグルが提供するグーグルマップです。 グーグル マップでは、ストリート ビューもすごいですね。 グーグル マップでみる航空 写真なんかも 紙媒体だと膨大な枚数になる上に3Dでは高額な予算を検討しなければならないデータが 誰でも無料で利用可能というのがすごいですね。 自宅周辺や今後訪れる予定がある場所を前もって調べたり、 当日現在地から目的地に到着するまでの経路や距離を調べるといった一般的な付き合い方をしても良いですが、 せっかく膨大なデータがあるのなら十分に使いこなした方が良いです。 現時点ではどれほど大きな企業でもなかなか取り扱う事が無い程のデーターを集めて製品に活かしているので、実行できたら便利だと感じられる使い方は全て出来るようになっています。

グーグルマップの機能

現在地がわかるのは当然のこと最寄りにどういった施設があるのかも、クリックやタップ一つで確かめられますし、 自分だけではなく友人知人と地図情報を共有させられるのも利便です。 到着地につくまでに、複雑な経由地を通らなければならない事ありますよね。 ビジネスもしろプライベートにしろ、そういったと機会が多い時にも 迷うことなく到着できるのでグーグルマップは頼りがいがあります。 毎度同一の文言を入力するのが手間に感じてしまっている方も いるようですが、グーグルマップではマイマップでよく行く場所の住所を 登録し簡単に表示できるようになっています。 このようにあらゆる希望に対応できるので使い始めは どのような機能を使ってよいか迷ってしまう程ですが、 少しずつ使っていくうちに、なれます。 グーグルマップに搭載されている機能は、 すべてのツールが意味を持ってグーグルマップに装備されているので 同じような機能があったりすることはなく、適材適所で 利用していきましょう。 グーグル マップの写真も削除できるようですよ。 グーグルは遊び心が強いので、前のエイプリルフールのときは、 パックマンが搭載されました。楽しかったですよ。 ダウンロード機能でオフラインでも利用できるのは良いですよね。 突然グーグルマップ ネットワークに接続されていませんって出ると びっくりするよね。

googlemapの使用方法

人によって利用方法は異なりますが、全てのユーザーに共通しているのは現在地と目的地の近辺にあるスポットを知ることであり、グーグルマップでは特別な操作をしなくてもそのような情報は自動的に反映されます。 該当する地図エリアをディスプレイに表示したら、 その下部にある「近辺のスポット」という文言の選択肢が出てきたり、 「地域名」と書かれたリンクが出てきます。 クリックしたりタップして、指で触れてみると、 現在地の近場にあるカフェやグルメが楽しめる所、 映画館が出るので事前にスケジュールをしかり組んで出発しなくても、 到着後に遊ぶ予定などを組み立てていけます。 しかも運営しているのは世界的な検索エンジン「google」なので あらゆる情報を保有していて、今見ている情報と自然に紐付けしてくれます。 レストランを見ていれば、営業時間と共にオーダーされる機会が多い 看板メニューの画像と評価が出ますし、 映画なら上映スケジュールがリスト表示されるため、 シアターに入って案内板を見なくても動かずに知られます。 映画といえば無料の楽天カードを初回発行すると 5000円もらえるのが良いですね。 以下から発行できます。 データを取り扱いで言えば、 楽天カード利用もおすすめですね。 還元率1%はトップレベルです! ↓楽天カードのオトクな使い方はこちら

グーグルマップとカーナビ

グーグルマップは電車や地下鉄といった公共交通機関だけを 前提としているわけではなく、自動車や自転車を使った移動にも応対可能です。 現代人が何気なくお世話になっているスマホで、 カーナビの代用としての導入例は画期的です。 道路は鉄道のように時間通りとできっちりと運行されいるわけではなく、 日にちや曜日によって車両数に変化があり渋滞の状況も刻々と変化します。 そのため専門機器を用いた高度なシステムであっても、スムーズに到着できるように ナビゲートするのは容易いことではないですが、グーグルマップでは道路状況のデータも 集めているので照らし合わせて検索時に最良な道のりを教えてくれます。 車や電車だけではなく、グーグルマップは自転車や徒歩の場合の ナビもしてくれます。 ナビの使い方も難しくなく、いつも通り任意のキーワードでサーチした後に経路を押すか、 初めから道順を示すカテゴリを選択しておいて現在地を入れた後行きたい所を打てば ルートがわかりやすいカラーリングで示されます。 グーグルマップでは、複数のルートを出したり消したりできるので、 利用してみましょう。 正確性もぼちぼちなので、便利です。 位置は把握していても、詳しい住所や物件名がわかりかねるシーンでは ピンポイント的にピンを立てるとオートで番地などが入れられて、 同様にルートが反映されて道案内が始められます。 登録したり印刷しても便利でしょうね。 現在のテーマはデフォルト設定だと イラスト調の見やすいシンプルな形式になっていますが、 好みによって航空写真にも切替可能なので 特徴的なビルを目印にしていたり、 道路の状況をよく知りたいのなら設定変更しましょう。 航空写真にするのは、左下で四角形に囲まれている箇所を 一度クリック(タップ)するだけで全体像が素早く取り替えられるので、 変更時にデータ量が切迫する恐れもありません。 さらに一度見たインフォメーションにおいては全てが履歴として残されているので、 道なりに進んでいき、どうやって来たのか自分でさえも把握していないといった際には ログにアクセスして見直してみると、ルートが表示されて再確認できるので、 安心ですし帰り道などに役立ちます。 タイムラインを使うと、浮気とかもバレちゃうので 注意が必要です。 iPhoneの場合は特にいろんなアプリと連携されないようにしましょう。

google ストリートビュー

加えて今最もグーグルマップで存在感が強いと言っても過言ではないのが ストリートビューであり、その名の通り上空から見下ろしているのではなくて まるで実際にその場を車で走っているような見え方ができます。 この写真(動画)は、データーを取るためのグーグルの車両が通行できない場所は スタッフが専用機材を担いで撮影しながら歩いているので、 登山道や狭い道でも問題なく表示できます。 ショッピング街や地下街も対象になっているので、 とても役に立ちます。 地下街は地上とは違って目印になるものが無くて方向感覚がわからなくなるため、 予めストリートビューで予備知識を備えておけば、 現場で右往左往せずに初めてのエリアでも足を運べて便利性が高いです。

小ネタ

グーグルマップで熊の居場所を探そう ちょっと前に話題になった、グーグルマップというかストリートビューに くまが魚を取って食べているのが写っているということだったので 調べてみました。 緯度経度情報はわかりませんでしたが、座標は @51.4550042,157.090188,3a,90y,44.36h,57.77t ここです。 こういったときに、 グーグルマップを座標ってiphoneで調べられるので、 グーグルマップの座標の出し方や共有のurlなんかを 見る方法を知っておくと良いですね。 無駄にマイマップに登録しました。 海外だからって英語表示にならないので、 安心してください。 したければ、グーグルマップを英語表(英語表記)にしたり 日本語にしたりと設定できます。 他にもグーグルマップには、変な写真や不可解な変な場所があると思います。 探してみましょう。 機密なのか、グーグルマップに映らないところもありますよ。 ⇒管理人が推奨する書評もご確認ください
タイトルとURLをコピーしました