チュートリアル徳井義実の脱税の真相

小ネタ
脱税脱税と騒がれている徳井さんですが、正確には【申告漏れ】です。覚えておきましょう。 申告漏れとは、計算の誤りや税法の解釈の相違など、意図的な税金逃れではないものをいいます。 チュートリアル徳井義実さんは、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していた。 東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。 また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず約1億円の申告漏れとされた。

申告漏れの内訳

約2000万円 経費として認められなかった。 約1億円 無申告 2012年から2015年までの2000万円となっていますが、時効が7年のため2012年より前は加算されていません。また2015年以降は無申告のため、これまた加算しようがないのです。 合計約1億2000万円の【収入】に対する【税金】

チュートリアル徳井さんの申告漏れの流れ

まず、吉本興業からもらう報酬を、自分が作った会社(株式会社チューリップ)に振り込んでもらい、そして自分は毎月決まった報酬を株式会社チューリップからもらう。 税金は、(ムチャクチャ単純計算で)45%→23%になる。 ヤッホー!こっちのほうがいいじゃん。

よくある勘違い

徳井さんを叩いている人で勘違いしている人多いです。 叩かれている要因を3つにまとめると

1.報酬を自分で作った会社を通すなんて、マネーロンダリングじゃないの、なんかインチキくさい!

2.個人的用途で使ったものを経費として落とすのはおかしい

3.報酬無申告は、確信犯だ!卑怯な奴だ!

4.脱税は、確信犯だ!

です。 一つ一つ検証していきましょう。

1.報酬を自分で作った会社を通すなんて、マネーロンダリングじゃないの、なんかインチキくさい!

実は、法人化して税金を少なくするのは、普通の事です。 ざっくりで税金を計算すると 所得税が、個人だと45%。 1億円だと4500万円が税金で引かれて、5500万円残る。 法人(会社)にすると23.2%。 1億円だと2320万円が税金で引かれて、7680万円残る。 そこから給与としてもらうようにする。 というわけで(ほかにもいろいろ税金が有ったりするので一概に言えないのですが、)ある程度の収入がある場合、法人化したほうがお得はお得です。 法人化すること自体は合法であり、たまヤフコメで法人化をたたいている人がいますが筋違いです。スポート選手も法人化している人多いですよ。 そう考えると、これに文句を言う人がおかしいですね。

2.個人的用途で使ったものを経費として落とすのはおかしい。

この個人的な用途を経費で落とすについても、普通のことです。 個人事業主的な会社(たとえ株式会社でも株式公開していなければ一緒)は、なんでも経費にしようとします。だからこれも普通な事なんです。 近くで、会社作った知人があれば聞いてください。誰もが、普通って言いますよ。 但しここからがムチャクチャ大事な事なので、マーカー引いときますが、 ストーリーができていれば、経費で落ちる。 これです。 ストーリーが大事なのです。 例えば、芸人だったら衣装代や小道具代。あと交通費。 また旅行に行くのでも、【芸の肥やし】になるストーリーができていれば経費として認められます。(全額とは限りませんが) たとえば私は、ベンツを経費にしました。営業で車が必要だからという理由で押しました。但し全額というわけにはいかず、40%が経費として認められました。 車で移動は経費で認められたのですが、私の職業で高級車の必要ないよね。ということで満額は経費で認められませんでした。 高級車である必要性が認められれば、100%経費もできたと思います。 ですから徳井さんの個人的な支出を、経費として出したこと自体は、グレーであってもそこまで責められることはないはずです。 ただ、今回2000万円が経費として認められなかった。 つまりストーリ性に欠けていたのでしょう。 ただ旅行に行った。龍収書だけもって経費として落とそうとした。 服買った。龍収書だけもって経費として落とそうとした。 そこになんのストーリーも持たさなかったのでしょう。 そこで税務調査が入ったときに、ストーリーを話すことができず、パニックになってしどろもどろに適当な答えを話してしまったのだと考えられます。 ここから導き出されるのは、チュートリアル徳井義実さんは、どちらかというと頭の良い方ではないということです。 まずここを抑えておきましょう。あとでまた出ます。

3.報酬無申告は、確信犯だ!卑怯な奴だ!

2018年までの3年間の収入を無申告だった。 これはダメだよね。確かに犯罪です。知らなかったはないです。 日本テレビ系「ミヤネ屋」で宮根アナが徳井さんをかばって「バカだったんです。無知だったんです。納税を毎年やらなきゃいけないってことをこいつは認識していなかった。で、『2、3年まとめて払えばいいわ』ぐらいの知識しかなかったんです」と言っていましたが、税金をまとめて払えばいいやなんて本当に思っていたわけではないでしょう。 単なる言い訳です。 ただ【2】でも、話したように徳井さんは、頭の良い方ではないです。けど売れちゃっているからか妙にプライド高いです。 人の話をしっかり聞かずにさらっと聞いて理解したふりをします。 会社作った方が節税になるよって言われたから会社作った。ただそれだけなんでしょうね。何をどうやったら、節税になるか絶対に理解していないです。 大体会社設立なんて、通常は自分で手続きしないで税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士に頼みますよね。その時に年収2000万円ほどあれば税理士に頼んで、そのまま会社の税金の面倒も見てもらいます。その方が申告漏れなども自分に責はこないので楽です。 徳井さんは後々の事を考えずに初期コストだけみて、司法書士に頼んでいそうですが・・・。 収入無申告は、確信犯です。 これだけは間違いないです。

4.脱税は、確信犯だ!

上記に挙げたように、チュートリアル徳井義実さんのは【脱税】ではなく【申告漏れ】です。 とはいえ申告漏れも確信犯です。 但し、今までの話にあったように悪気があったかというと、悪気はなかったんだろうなと思います。(悪気なければ何しても良いわけではないが) 1年目 適当に、領収書だしてざっくり税金おさめて、なんかメンドクサイし申告しなくてもいいんじゃないかな。 2年目 1年たった。前回何も言われなかったし、今年も申告しないでいいんじゃないかな。 3年目 申告のことは、頭に全くない 税務署も悪質ととらえなかったのだと思います。 金額だけで言えば、国税当局が脱税事件として検察に刑事告発しても不思議ではない金額です。重加算税まで課せらています。 それでも、申告漏れ扱いというのは、本当に徳井義実さんが無知なだけと分かってもらえたんでしょうね。

まとめ

今後、徳井義実さんはしったかぶりをしないで、自分の仕事をしっかりして専門外のこと(税金など)は専門家に任せておくのがいいですね。 各ニューズのコメントで徳井さんを叩いている人の大半は、全くこの件に関係ない人です。 徳井さん(限らず)の成功を妬んで、引きずり落とそうとしているだけの人です。悪評に負けないで頑張ってほしいものです。

徳井さんまとめ

学歴 京都府立北稜高等学校→花園大学文学部仏教学科中退。 高校在学中、同級生等多数参加のサークル「上方芸能研究会」を立ち上げ、大人数で吉本新喜劇ばりの集団コント公演などの活動もはじめる。運動進家も良く、高校で所属していたバレーボール部では京都府大会ベスト8に進出している。 チュートリアルの漫才やコントのネタ作りは徳井が担当。単独ライブの演出やVTR制作も、作家を入れずすべて徳井が担当している。 2000年度から始まった吉本男前ランキングにて、2002年度に4位に初登場し、翌年の2003年度から2005年度までは3年連続1位を獲得(wikiより)
タイトルとURLをコピーしました