夏バテ 予防の食材選び

グルメ
夏バテを予防して暑い夏を元気に過ごすにはどのような食材選びが良い? 毎日暑い日が続くと、食欲も落ちますよね。 何を食べたら良いのか考えるのも嫌になってしまったりしませんか? 暑すぎるとガス台の前に立つのも嫌ですよね。 なるべく火を使わないで料理したいと思うこともしばしば。でもしっかり食べないと、熱中症や夏バテの原因になってしまうこともあります。 それではどんな食材を選んで食べるのが効果的でしょうか? 暑い夏、夏バテ予防にもなる食材についてお伝えしたいと思います。 しっかり栄養をとって暑い夏を乗り切りましょう!

夏バテの予防に役立つ食材リストはこれ!

暑い夏、どのようなものを食べていますか? どうしても冷たいものを食べたくなり、ついついお素麺だけにしてしまったということもあるのではないでしょうか。でも、ちゃんと夏バテしないためにも他の食材を食べる必要がありますよ。 夏バテに効果があると言われている食材をお知らせしますね。 それは、 ゴーヤ 豚肉 納豆 納豆 オクラ 長芋 梅干し、お酢 ミョウガ 大葉 レバー、ニンニク、マグロ、カツオ、うなぎ、ネギ とトマト、かぼちゃ、ピーマンなどの夏野菜。 夏野菜は夏の太陽をたくさん浴びて育っているので、カロテンやビタミン、食物繊維、カリウム、ミネラルなどが多く含まれているのでとても良いですよ。 ゴーヤはビタミンCが豊富で風邪の予防をしてくれたり、日焼けやシミの予防にも役に立つのです。 豚肉、うなぎ、レバー、カツオマグロ、大豆製品にはビタミンB群がたくさん含まれているので疲労回復やエネルギーの代謝に効果があるのです。ニンニクやネギと一緒に食べるとさらにビタミンB1の吸収を助けてくれるので良いですよ。 納豆やオクラ、長芋などは ネバネバ成分であるムチンがたくさん入っていて、粘膜を保護してくれたり。胃腸にも良いのです。 さらに、梅干しやお酢はクエン酸なので疲れた時にとても良いですよ。疲労回復になります。ミョウガを食べれば、食欲が増えるし、大葉を食べればミネラルなので熱中症の予防にもつながります。 栄養の高いものをしっかり食べることが大事ですね。 夏バテ対策には、たんぱく質とビタミン、そしてミネラル分を上手にバランスよく食べるのがとても効果があるのです。

それでも夏バテになってしまったときに回復させるにはどうする? 解消方法 まずはこれを実践してみて!!

しっかりと食事をしていたとしても、夏バテになってしまうこともありますよね。夏バテになってしまったかもと思ったら、次のことを見直してみてくださいね。 夏バテといっても人それぞれ、いろいろな症状があります。 代表的なのは体がだるく感じてしまったりやる気が出なくなってしまうことでしょう。 冷たいものを取りすぎたりすると、胃もたれや下痢を起こしてしまうこともあります。 シャワーだけ浴びて過ごすことが多いと自律神経が乱れてしまい、ストレスを感じてしまうこともあるのです。 夏バテで一番注意しなくてはいけないのが、外で長時間作業をしている時です。頭痛がしたり吐きけがしたりすることもあるのです。 そのままにしておくと、熱中症になってしまうこともあります。 そうならないためにも、まずは、解消法として、室内にいる場合は、クーラーの設定温度をあげましょう。 そして、除湿器を併用することです。 湿度を下げれば、温度を下げすぎなくても涼しくなり、体の負担も減りますよ。 夜寝る前にぬるめのお湯に20分浸かるのも良いですよ。ぐっすり眠ることができるようになるので、夏バテ防止になります。 そして、ビタミンB1がたくさん入っている豚肉を食べるのも夏バテに効果がありますよ。 お料理も冷しゃぶなどにすればさっぱり食べることができるので、胃も持たれたりすることがありません。 そして、冷たいものを飲んだり食べたりすることが多くなりますが、たまには温かいお茶を飲むように心がけましょう。夏バテしにくくなりますよ。 暑いからといってずっとお家でダラダラするのではなくて、涼しい時間帯を利用して、ウォーキングやサイクリングなど運動を取り入れるのも夏バテ防止になりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 夏バテ予防にもなる食材たちを食べて元気に暑い夏を乗り切りましょう。 暑いからといって冷やしすぎたクーラーの中で過ごしすぎたり、冷たいものばかり食べたり飲んだりすると、体が悲鳴をあげてしまいます。 体が疲れないように、クーラーの温度を少しあげたり、除湿機を上手に使って過ごしてみてくださいね。 つらい夏バテにならないように毎日の生活習慣も見直すと良いですよ。
タイトルとURLをコピーしました