モノレールの案内紹介

生活

モノレールとは

モノレールとは “モノレールは一本のレールで走行する、高架で懸垂式を含む鉄道交通機関です。 由来は単一を意味するモノから来ていて、通常二本のレールを走る鉄道との対比から名付けられています。 正式には単軌条鉄道と呼ぶもので、一般にモノレールの名前で浸透しています。 モノレールのメリットは地上鉄道のような専有面積を必要としないこと、そして建設費用が安く済む二点です。 騒音が小さく住宅地に近くても反対されにくいなど、敷設側にとって有利なメリットが他にもあります。 構造上速度が出しにくいという欠点はありますが、その分走行時の安全性が確保できるので相殺されます。 高架なので乗り降りに多少の手間は発生するものの、一般的な鉄道と比べて大きな遜色はないでしょう。 むしろ快適な乗り降りを実現するモノレールも登場していますから、その差は縮まるばかりか優位性が増すケースもあるはずです。 物珍しさで注目されるモノレールですが、特徴にメリットが数多くあることから、全国各地の都市部で実用化されています。

東京モノレールの紹介

東京モノレールは1964年開業の老舗で、JR東日本グループに属する企業が提供しています。 羽田空港から浜松町の間を結んでいるので、外来で訪れる人たちに良く利用されます。 所要時間は普通でも25分未満ですから、快適性の高い移動手段になるといえるでしょう。 実際にこのモノレールを利用した人たちは、モノレールとは思えない速度が出ていると驚いています。 これは車高が低く重心が安定する設計によって、結果的にスピードが出せているものと思われます。 東京におけるモノレールの歴史は、実は意外なことに上野動物園から始まっています。 上野動物園モノレールは交通局上野懸垂線の別名で、1957年に開業を始めているのが特徴です。 今も現役で重要な交通手段を担っているので、地元で愛されるモノレールとなっています。 一方の多摩モノレールは、1998年開業と比較的歴史の浅い交通機関です。 後発なので歴史的な重みはありませんが、代わりに新しく敷設できる強みを活かして高速性を実現しています。 過去には最高速度65キロで日本最速を誇りましたから、十分に速度に期待できるモノレールです。

千葉モノレールの紹介

モノレールは東京だけでなく千葉にもあって、千葉モノレールがその代表になっています。 このモノレールは市や県が出資を行っている、いわゆる第三セクターの鉄道です。 開業当初は懸垂式の中では世界最長で、2001年にはギネスの世界記録が認定されました。 懸垂式の魅力を活かして、映画やドラマの撮影に協力したり映像作品に登場しています。 またアニメやゲームとのコラボが盛んなのも特徴で、車両のラッピングや声優によるアナウンスなどが行われています。 コラボといえば舞浜リゾートラインがライバルで、有名リゾートグループの強みを活かした運営を行っています。 こちらもキャラクターのラッピング車両を提供していますが、舞浜リゾートラインは子どもや家族受けするデザインが施される傾向です。 リゾート地を一周する形の路線ですから、思い出作りが行える交通手段だと人気があります。 住宅地では湘南モノレールが活躍していて、地元の人たちの足となっています。 1966年開業と歴史は古くもはや地域になくてはならない風景の一部です。 全線の所要時間は約14分ととても短いですが、それでも交通手段の一つとして選ばれています。

大阪モノレールについて

大阪モノレールは大阪市を中心に、放射状に延びた私鉄を結ぶ目的で開業しています。 本線は大阪空港駅を始めとして、門真市駅へと向かうルートを通ります。 途中に度々他の鉄道線と接触しますから、まさに目的通りに開業されている路線です。 本線の他にも彩都線があって、こちらも各駅を結ぶ交通手段になっています。 現在では延伸計画が持ち上がっていて、今後本線が延長されるものと考えられます。 車両には1000系と2000系の二種類があって、前者は開業当初から使われ続けます。 最も古いものは1989年製造ですが、2015年の時点でも現役で使われているのが驚きです。 それもそのはず整備が行き届きマイナーチェンジも行われているので、安全性を損なわずに快適性が高められています。 2001年以降に製造された後発の2000系は、新旧の入れ替えには至らず旧式よりも少ない車両編成で走っています。 輸送効率重視の実用目的で提供されていますが、眺めが良いと評判なので観光目的にも最適です。 モノレールの切符で 楽天カードをつかうとポイントもたまるのでお得です。。 (提供:楽天カード)

沖縄都市モノレールについて

沖縄都市モノレールは2017年現在の時点で、沖縄唯一の鉄道路線です。 沖縄には北九州高速鉄道もありますが、こちらは軌道法における軌道に該当するので鉄道ではありません。 地元ではゆいレールの愛称で親しまれていて、これが正式な愛称にもなっています。 正式に開業したのは2003年のことで、当時は那覇空港と首里を結ぶ約13kmの区間が開通しました。 既に1日で200本以上の運行を行っていましたから、それだけ利用者数が多いことが分かります。 開業以降も利用者集を伸ばし続け、2015年には1日平均5万人の利用者数を達成しているほどです。 長年建設費の回収に苦労していましたが、2017年にようやく黒字を達成することに成功しています。 2019年には首里とてだこ浦西間が開通する予定で、今後も右肩上がりに成長して行く将来性が窺えます。 今まさに成長を続けるモノレールですから、清掃が行き届いていて快適な駅構内も利用可能です。 沖縄の街を上から眺められるので、地上とはまた違った視点で沖縄を楽しむことができます。 ⇒管理人が推奨する書評もご確認ください
タイトルとURLをコピーしました