バランススクーターに乗ってみよう

スポーツ・運動

バランススクーターとは

バランススクーターは体を傾けて操作する、新しいスタイルのスクーターです。 セグウェイを更に簡略化したようなものですね。 スクーターとはいってもバイクや自転車のような形状ではなく、足乗せにタイヤが付いた作りをしています。 サイズは開いた両足が乗る位なので、とてもコンパクトなのがポイントです。 スピードは約20km程度出ますから、走るよりもやや早いスピード感が楽しめます。 操作は足を中心に全身の体重移動で行うので、最初は少し繰り返しの練習が必要です。 しかし難易度は決して高くありませんから、例えば初めて自転車に乗るよりも簡単に修得できるでしょう。 一度乗り方を覚えてしまえば、後はバランス感覚だけで体力を使うことなく乗りこなせます。 操作が難しいと感じる人には、Bluetooth通信による操作に対応するタイプもあります。 遠隔でバランススクーターを操作できますから、難しいと感じられる乗りこなしが簡単になります。 事前の充電と広い場所さえあれば使えるので、誰にとってもハードルの低い次世代のスクーターです。” バランススクーターをお得に買うには “バランススクーターを少しでも安く、そしてなるべくお得に買うにはコツがあります。 基本は欲しいと思ったバランススクーターの公式ショップにアクセスして、販売されている価格をチェックします。 次にテナント型や大手のショップを見て、何処が一番お得か比較を行うと良いでしょう。 公式ショップ価格は購入検討時の基準になるだけでなく、割引キャンペーンやセールが提供されることもあるので見逃せません。 一方のテナント型のショップはお店ごとの価格競争が発生しますから、こちらも通常価格より割引を受けられる可能性が高めです。 割引に期待できるのは大手のショップも同じなので、公式価格をチェックしつつ他のショップにも目を通すことが大切です。 比較しながら毎日チェックを続ければ、普段よりも必ずお得感が増す購入のチャンスが現れます。 通常価格に比べて大幅に安くなったと感じられるタイミングがあるので、そういった瞬間を狙って待つのがおすすめです。

バランススクーターとセグウェイ

セグウェイはバランススクーターの元となった乗り物で、両足を乗せて体重移動を行う点が共通します。 バランススクーターにはハンドルが付いていませんから、そこはセグウェイとの大きな違いといえます。 またセグウェイのタイヤは直径が大きく厚みもあって、重心の低さや安定性の高さが窺えます。 所が足回りに存在感があるので、町中を走ると目立ってしまうのが難点です。 乗っている時の姿はお世辞にも格好良くありませんから、スタイリッシュに乗りたい人には向かないでしょう。 その点バランススクーターはスケートボード位のサイズで、タイヤは直径15センチ程度とコンパクトです。 カバンに入れたり片手で持ち運べますから、持ち運びが便利な点もセグウェイとは異なります。 逆にセグウェイは公道での走行が解禁されて、許可された場所なら乗っても良いことになっています。 バランススクーターは公道では走れないので、場所を選ぶという部分ではセグウェイに一歩譲ります。

バランススクーターのオフロード用の特徴

オフロード用のバランススクーターは、溝や厚みといったタイヤの作りが強化されています。 厚みがあるので地面の蹴り出しが良く、安定した感覚でどのような道も走れるのが特徴です。 大きめの泥除けが付いている物も珍しくありませんから、飛び跳ねる泥や石に邪魔される心配がなくなります。 製品によっては防水機能も強化されていて、そういったタイプは水溜りに突入しても耐えられる性能を有します。 優れた設計の製品であれば、本体内部に侵入する粉塵や水が防げるようになっています。 足の接地部分も見逃せないポイントで、滑り止め加工が施されている場合があります。 オフロードは坂道で傾いたり、バランスが崩れる悪路を走るケースが多いので、足を安定して乗せることができれば安心感が得られるはずです。 デザイン的にもオフロード用は重厚感があって、落ち着いた色が採用されていることが多くあります。 実は本体の作りも見た目と一緒に変更されていたり、耐久性が向上している製品も少なくありません。 楽天カードをつかうとポイントもたまるのでお得です。。 (提供:楽天カード)

バランススクーターの禁止事項

バランススクーターは公道を走る許可を得ていないので、バイク代わりに道路を走るのは禁止です。 公道以外なら走ることができますが、入り組んだ道や人混みの多い場所は避けた方が無難です。 角度のある坂道では急に止まれないので、こういった場所で使用してはいけないと肝に銘じましょう。 公園は原則的に制限はないものの、禁止されていれば従う必要があります。 禁止されていなくても基本的には許可を得て、それから乗るようにするのがマナーとなります。 免許は不要なので年齢制限はありませんが、小さな子どもが乗る場合は保護者の監視が求められます。 製品紹介にはヘルメットなしで使用している写真もありますが、安全性を考えればヘルメットを着用しないのは限りなく禁止に近い注意事項です。 雨天時や雪の上、あるいはアイスバーンなどの滑りやすい路面状況での走行も禁止事項です。 改造したり目的外に使用するのも禁止なので、これらを守って安全に使用することが重要です。 ⇒管理人が推奨する書評もご確認ください
タイトルとURLをコピーしました